平成31年

2018年
(平成30年)へ
「津波てんでんこ」 に学ぶ。(2019年1月号から3月号まで)
(2019年4月号から6月号まで)
(2019年7月号から9月号まで)
(2019年10月号から12月号まで)
ギャラリーの目次へ戻る| |このぺージのトップへ

(2019年1月号から3月号まで掲載)
「津波てんでんこ」 に学ぶ。
   あのつらい大災害からまもなく8年。
 東日本大震災から8年。あのとき、岩手県釜石市の沿岸部のある中学校では、生徒たちは「津波が来るぞ!」と叫びながら自発的に高台に向かって走り出しました。それを聞いた隣接の小学校の児童たちも、これまで避難訓練をしていた裏山の高台に一斉に走りました。避難した数分後、津波がみんなの足元近くまで押し寄せ、自分たちの学校が津波にのみ込まれていくのを目にしたそうです。子供たちは地震が起きてすぐに、大人の指示がある前に「津波が来るぞ、逃げるぞ!」とまわりに大声で知らせながら、小さな児童やお年寄りの手を引き、幼児のベビーカーを押しながら走り続け、全員が命拾いをすることができたというのです。
 これには、「それまでの8年間に及ぶ釜石市の防災教育と避難訓練の積み重ねがあり、指導を続けてきた片田敏孝先生(当時群大教授)は「大きな地震が起きたら、とにかく早く、自分の判断でできるだけ高いところへ逃げろ」と教えてきました。それが「津波てんでんこ」。この言葉が“奇跡”を呼び起こしたのです。
 
   国民年金基金の合併と、独立基金。
 
 国民年金基金制度は発足から28年を経て、今年4月から全国47都道府県の地域型基金と22の職能型基金が合併、「全国国民年金基金」となります。ただし、「司法書士国民年金基金」と「歯科医師国民年金基金」「日本弁護士国民年金基金」の3基金は、独立型としてこれまで通り運営されます。
 日本司法書士会連合会では1972年(昭和47年)に司法書士福利厚生共済制度を開始し、十分とはいえないまでも、死亡や廃業の際に給付を行う仕組みの最初の一歩を踏み出しました。1991年の日司連定時総会における司法書士国民年金基金設立の決議には、「司法書士の福利厚生制度の充実」を図ることが盛り込まれ、この精神は今日まで受け継がれています。司法書士国民年金基金の安定的運営と充実は、司法書士の皆さんが一体となっているバロメーターであると言えるでしょう。
 
   自分のためが人のため。
 
 上記の2つの文章には関連がない、むしろ相反する記述のように見えます。でもそうではありません。
 国民年金基金は多くの人々をカバーする、社会的な、公的な制度です。しかし最終的には、加入を自分で決定し掛金を収める努力をするという極めて個人的な行為であり、そこには大きな仕組みの中での“てんでんこ”を感じます。
 「津波てんでんこ」を震災の3年後にネットで調査したら、約70%が知らなかったそうで、さらにそのうちの70%は、賛同しない、利己的、などと答えたそうです。それには絶句し悲しくなりましたが、近頃蔓延し始めた「自分ファースト」や「自国一番」のような身勝手な匂いが感じられたからかも……と思いました。
 その反面、「自己決定」「自助努力」に「自己責任」という言葉を加えて、ある種の社会的、集団的規範のように語られる気配があることには危機感を覚え、世の中の認識、意識のちぐはぐ感に悩まされます。
 国民年金基金はまさしく自助努力の制度ですが、自分ファーストではありません。世の中が大きく変貌し、相互扶助や世代間扶養のような社会保障に多くを委ねることが難しい時代になったとしても、自分のためながら同時に次の世代の負担を少しでも緩和し、また老々介護・看護などがますます長期化していきそうな時代に、家族や身近な人たちへの経済的な思いやりとして役に立つことができると思っています。
ギャラリーの目次へ戻る| |このぺージのトップへ

(2019年4月号から6月号まで掲載)

ギャラリーの目次へ戻る| |このぺージのトップへ

(2019年7月号から9月号まで掲載

ギャラリーの目次へ戻る| |このぺージのトップへ

(2019年10月号から12月号まで掲載)

ギャラリーの目次へ戻る| |このぺージのトップへ